アンチスタックスのむくみサプリとしての評価って?プロが徹底解説!

「午後になると足が重たい」「足首に靴下のあとが付く」「むくみ過ぎて痛い」このような辛いむくみの悩みを抱えている人は決して少なくないと思います。

むくみの解消には、適度な運動やマッサージが効果的だと言われていますが、それらを行っても改善しない場合は、医薬品やサプリメントを利用するのも一つの手です。

今回ご紹介する「アンチスタックス」は、むくみを改善する医薬品です。

むくみが気になる人は、まず薬剤師に相談してみてください。

アンチスタックスの特徴

「アンチスタックス」は、むくみの解消に効果がある医薬品です。

1日量2カプセル中に赤ブドウ葉乾燥エキス混合物を450mg配合しています。

赤ブドウ葉乾燥エキス混合物は、体のめぐりを良くすると注目されている成分です。

また、「アンチスタックス」は体のめぐりを良くするだけでなく、細胞の状態にも着目しました。

むくみがひどい場合、細胞同士の間に隙間があり、その隙間から水分が漏れ出して血管外に溜まり、むくみが起こります。

そこで、「アンチスタックス」は細胞同士の隙間を埋め、水分が漏れ出さないように整えることで、むくみを防いでくれるのです。

服用は1日1回、朝のみで1日効果が持続します。

アンチスタックスのむくみ解消効果

公式サイトによれば、「アンチスタックス」を服用したところ、12週間で82.7%の人にむくみの改善が見られました。

国内の臨床試験はもちろん、海外の臨床試験においても、著明なむくみ改善・防止効果が得られたとの研究結果が公表されています。

特に、むくみからくる足の重さ・疲れは59.8%、つっぱり感は69.9%、痛みは74%の人が改善を実感しているのもポイントです。

アンチスタックスのそれ以外の効果

「アンチスタックス」にはむくみのほか、むくみに伴うつっぱり感、痛み、重さ、疲れに効果があるとされています。

サプリメントではないため、美肌成分やダイエットサポート成分などは含まれていません。

なお、軽度ではありますが、副作用の報告もあるため服用の際は薬剤師の人に確認するようにしてください。

アンチスタックスの販売店と価格

・楽天……取り扱いなし

・amazon……取り扱いなし

・公式サイト……取り扱いなし

「アンチスタックス」は、OTC医薬品分類の「要指導医薬品」なので通信販売で購入することはできません。

購入したい場合は、薬剤師のいるドラッグストア・薬局などで購入するようにしましょう。

もちろん、ドラッグストアや薬局によっては取り扱いが無いところもあります。

なお、公式サイトに掲載されている希望小売価格は40カプセル税抜2,900円、60カプセル税抜3,900円です。

あくまでも希望小売価格なので、詳しい価格はそれぞれのドラッグストア・薬局に問い合わせてください。

「アンチスタックス」は、あくまでも医薬品です。

他に飲んでいる薬がある人や、通院している人、妊娠・授乳中の人は、服用前に必ず医師に相談するようにしましょう。

飲んでいる薬や治療中の病気によっては、服用できない場合があります。

また、「アンチスタックス」3週間飲んでも症状が改善しないときは、必ず病院を受診してください。

「アンチスタックス」の服用に当たっては、薬剤師の説明をよく聞くとともに、添付の説明書をしっかりと読むよう心がけましょう。

公式サイトでは、「アンチスタックス」購入の際に利用できる「セルフチェックシート」がダウンロードできます。

購入の際は、セルフチェックシートを記入して持って行くとスムーズです。

アンチスタックスの口コミ

・即効性があった
・足がむくまなくなった
・トイレの回数が増えて、余分な水分の排出を実感した
・朝1回の服用で良いのでラク
・ふくらはぎだけでなく、太ももも細くなった
・むくんだ足が痛くて歩けない・眠れないということが減った
・生理前でもむくみがひどくならなかった
・靴下のあとが残らなくなった

「アンチスタック」を服用して、むくみが改善したという声が多く見られました。

サプリメントではなく「要指導医薬品」のため、購入できる店舗が限られてはいますが、変化に満足している人が多い印象です。

人によっては、体調が悪くなったり、副作用が現れたりすることもあるので、通院している人や医師から薬を処方されている人、妊娠・授乳中の人などは、服用前に薬剤師や医師に相談するようにしましょう。

まとめ

今のところ日本で唯一のむくみ改善薬「アンチスタック」は、医薬品ならではの効果が得られると評判です。

サプリメントを利用したり、マッサージやストレッチをしたりしてもむくみが改善しないのであれば、一度薬剤師に相談の上利用してみるのも一つの手ではないでしょうか。

OTC医薬品分類で「要指導医薬品」なので、薬剤師のいるドラッグストアや薬局で購入するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です